読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと遠くへ行きたくて

旅行や登山がメインのブログですが、日常のちょっとしたことも備忘録として記していきます。

GW台湾旅行記 一人旅の初日1

海外旅行

以前から行きたいと思っていた台湾(台北近辺)にようやく訪れることができました。
2泊3日と前回の上海旅行同様、短い間の滞在でしたが、色々な意味で濃密な旅行になったと思います。
特に食に関しては、もはや言うことはありません。
台湾に1週間もいたら、体重が3kgは増えることでしょう。

今回の旅行は、広島から福岡空港経由で台湾にやって来た相方のA氏との二人旅になりますが
初日は私の方が早く台湾に到着したので、一人で台北観光を楽しみました。

4月29日7時10分羽田発のチャイナエアライン台北松山空港へ、10時前には台北にと着します。

DSC00696.jpg


松山空港は台湾中心部までMRT(台北地下鉄)を利用して20分以内に行けますので、とても便利な空港です。
台北のもう一つの空港、桃園空港は高速バスで大体1時間くらいかかるのであまり便利とは言えません。
航空券は桃園に比べ割高ですが、アクセスは良いので台北観光は松山空港発着が良いと思います。

空港で円から台湾ドルに両替しましたが、日本で両替するよりも費用はかかりませんし、言葉は通じなくても両替したい金額を
そのまま提出すれば台湾ドル(台湾元)に替えてくれるので、紙に書かなくても良いのは便利であると思います。
なお、今回は台湾1ドルあたり2.9円でした。
A氏が日本で両替したところ、3.6円前後ということなので、現地両替がお得かつスムースであると考えられます。

さて、空港からはホテルに荷物を預けるためMRTを利用します。

DSC00698.jpg

一日票(ONE DAY PASS)は150元で買うことが可能。地下鉄は20元を基本に距離によって割り増しされるので地下鉄に乗りまくるのなら一日票は必ず購入したいところです。

ホテルの最寄り駅は台北中央駅から2つ目の双連駅でしたので、空港から30分ほどで着くことができました。

機内でオムレットを食べましたが、台湾のソウルフードである魯肉飯をまず食べたいと思い、歩いて(腹ごしらえのため)丸林魯肉飯という食堂へ行ってみます。

DSC00707.jpg

双連駅からMRT淡水信義線で2駅目の圓山駅から徒歩10分ほどの所にありますが、街並みを見たいので徒歩で行きました。
その道中、ちょっとした小道が好きなので大通りを抜けて入っていくと、中華圏特有の雰囲気を持つ小路に出会います。

DSC00702.jpg

建物に、ごちゃごちゃと雑多な感じはありますが、それが中華圏特有の雰囲気を出していてとても魅力的です。

DSC00701.jpg

ホテルから30分くらいかけて到着。

DSC00708.jpg

DSC00710.jpg

名物の魯肉飯と、筍と牛肉のスープ、卵とトマトの炒め物をチョイス。
全部で108元なので300円ほどで食べれます。

醤油ベースのそぼろご飯である魯肉飯は美味しかったけど、スープはボリュームがある反面味が薄かったのが残念。
オムレットを食べたのに更に卵炒めを食べてしまったことに気付いたのは食後であったけど、この炒めものは程よいトマトの酸味と
卵の甘味がマッチしていてとても美味でした。

昼食を済ませた後は、中正紀念堂へ行くことになりますが、また次回の記事にて紹介をします。

DSC00725.jpg