もっと遠くへ行きたくて

旅行や登山がメインのブログですが、日常のちょっとしたことも備忘録として記していきます。

GW台湾旅行記 二日目・九份観光

DSC01190.jpg

十份を満喫した後は台湾屈指の観光地、九份へ行ってきました。

あいにく天候は雨になり、鉄道を使うのも億劫でしたので、タクシーを利用して九份へ。

DSC01133.jpg

台湾のタクシーはトヨタ車が圧倒的に多いです。
トヨタ車以外のタクシーを見た覚えがありません。
十份のような観光地には7人乗りのミニバンが主流のよう。

DSC01134.jpg

九份までは相乗り4名で1,000元(1名250元)とのこと。2名ですと、800元と割高になります。
韓国から来たカップルを合わせ、4名で乗車。40分程度で九份に到着しました。

DSC01161.jpg

DSC01246.jpg

DSC01227.jpg

DSC01213.jpg

急坂といい、小道といい、商店街といい、想像していた以上にワクワクする街でした。
確かにお勧めスポットとして紹介されるだけあります。

ちなみにもともとは金鉱の街でしたが、90年代に街並が評価され観光地化されたとのこと。
九フン - Wikipedia

DSC01209.jpg

にぎやかなメインストリートから離れたところに、ひっそりと金鉱跡(五番坑)がありました。
自分たち以外、訪れる人がいなかったため、金鉱があったことについてはあまり知られていないのかもしれません。


DSC01199.jpg

DSC01205.jpg

DSC01211.jpg

DSC01207.jpg

もしかしたら雨の日に来て良かったかも。と思ってしまうような風景がいくつもありました。
九份から眺める基隆の港町の風景は、青空よりも白空の時の方がまるで墨絵のような趣があって良いです。

狭い道に傘をさすのが面倒なこと以外は、意外にも雨の日でも楽しめますよ。

DSC01215.jpg

DSC01216.jpg

せっかくなので名物の芋圓を食べてみました。
阿柑姨芋圓はさすがにガイドブックで有名なお店とあって、かなり行列ができていました。
それでも店スタッフの慣れた手つきでどんどん作られていくため、待ち時間は殆どありませんでした。

ホット・アイスと二種類あり、今回は暑かったのでアイスで注文。
かき氷に芋、大豆、小豆、緑豆がいい感じにマッチ。一緒に食べると食感が大丈夫かと思いましたが
違和感なく、美味しくいただけました。
ボリュームがかなりあるので、満足できます。

DSC01235.jpg

DSC01171.jpg

DSC01170.jpg

もちろん阿妹茶樓(あめおちゃ)のお茶も飲んできました。
丁寧で独特なお茶の入れ方をマスターするには、たぶんあと10回はここにこないといけないでしょう…
お茶の香りと味、お茶請けのお菓子の上品な甘さに疲れを癒すことができました。

九份滞在はほんの2時間程度でしたが、できればもっと滞在していたかったところです。
2日目の主な観光は終了。

これより台湾グルメを満喫する旅に変化します。

次回に続きます。